読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳、営業女子の夢と日常

年間2回海外旅行に行くことをモチベーションに日々働く25歳会社員の日常と旅の日記

《ロシアの旅⑦》ヨーロッパ的な建物多数!私がウラジオストクで歩いたのはこんな場所です♪

ウラジオストクの滞在はたった1日な上に、昨日の記事に書いた通り昼過ぎまで寝てしまったのであまり回れてはいませんが、街並みがとても綺麗だったのでまとめておきます(^^)

と、その前に。
やっぱりウラジオストクに来たからには写真を撮りたいこちら。
シベリア鉄道の終着駅のモニュメント
f:id:aimi35:20160505080103j:image
f:id:aimi35:20160505080146j:image

ちょっと寂しい印象もありますが…
プラットホームの北のほうにあります。
撮り忘れた場合でも、駅舎を通らずに階段から直接行けるのでご心配なく。

これを見たら直接向かいたいのがこちら

f:id:aimi35:20160505080622j:image
スヴェトランスカヤ通りにある、中央広場。
近道は昨日の記事に書いた通りです(^^)


f:id:aimi35:20160505081940j:image
f:id:aimi35:20160505084508j:image

そのスヴェトランスカヤ通りにあるロシア料理屋さんがポルトフランコ

f:id:aimi35:20160505080936j:image
船をイメージしているという、可愛らしい店内です。
店外に日本語の表示があったので、日本語対応しているのかな?と、思ったのですが、そういうわけではなく…

f:id:aimi35:20160505081027j:image
でも、写真入りのメニューはありました。
便利です(^^)

ここでもルースキーのときと同じ、ボルシチとチキンカツレツを注文。

f:id:aimi35:20160505081333j:image
ボルシチは燻製されたお肉のようなものが入っていて、ルースキーよりも日本人の口に合うかも。

f:id:aimi35:20160505081418j:image
チキンカツレツはちょっとオシャレになって登場しましたが、私はルースキーのほうが断然好みでした。

その他、サラダやパスタなどのメニューもたくさんあったので、ぜひいろいろ頼んでみてください(^^)

余談ですが、ここにいるときに偶然隣の席にドイツ人のグループがやってきまして…
(私はドイツが大好きなのです)
極東ロシアにいながらドイツ語を聞くという、個人的にはなんとも不思議な感覚に陥っていました。笑

それだけ、いろんな国の方の集まるお店なようです。
ちなみにお支払いはカードが使えました(^^)

さて、その後は街をうろうろ。

f:id:aimi35:20160505084152j:image
f:id:aimi35:20160505175744j:image
f:id:aimi35:20160505175920j:image

特に好きだったのが、昨日の記事にも登場したこちらの街並み↓

f:id:aimi35:20160505082125j:image
f:id:aimi35:20160505082137j:image
f:id:aimi35:20160505082838j:image
アドミラーラ・フォーキナー通り(Admirala Fokina)というそうなんですが、建物がカラフルで、ちっちゃくて、通りの向こうには海も見えて…

なんとも絵になるので、女性は好きだと思います。
私は時間があまりなかったのでお店までは見れていませんが、時間のある方はぜひお店も覗いてみてください(^O^)

このすぐ近くにクローバー・ハウスという、ショッピングセンターもあります。

f:id:aimi35:20160505083158j:image
店内は少し薄暗いかんじもしましたが、フロアはわりと多く、最上階にはきれいなフードコートもありました

f:id:aimi35:20160505083434j:image

地下にはスーパーもあり、おみやげのお菓子はここで購入。
キリル文字の入った小包装されたお菓子は、後々自分で小分けして配れるのでおみやげに最適です◎

こちらのスーパーももちろんカード使えました。

以上、私の歩いたウラジオストクの街並みを一部ご紹介しました。
坂の多い町ですが、シェイプアップ!と、言い聞かせて!😘
(実際、とてもお尻に効いている気がします。思い込みかもしれないけど。)
自分好みの街並みを探してみてください!

A32 地球の歩き方 シベリア鉄道とサハリン 2015 (ガイドブック)

A32 地球の歩き方 シベリア鉄道とサハリン 2015 (ガイドブック)