25歳、営業女子の夢と日常

年間2回海外旅行に行くことをモチベーションに日々働く25歳会社員の日常と旅の日記

《ロシアの旅⑨》今回の旅をまとめます!私がまた行きたいのは…?

さてさて、すっかり家まで帰ってきまして、一夜明けました
私の職場は今日も休みだったので、ゆっくりお昼まで寝ていました…(´-`).。oO

やっぱり自宅はいいですね、幸せです。笑

と、いうのは置いといて、本題に入りましょう(^O^)

私が感じた、それぞれ街の特徴をまとめておきます!
f:id:aimi35:20160506235657j:image

ちなみに、今回の旅で私が頼りにしていた観光本はこちらです

A32 地球の歩き方 シベリア鉄道とサハリン 2015 (ガイドブック)

A32 地球の歩き方 シベリア鉄道とサハリン 2015 (ガイドブック)




メインストリートは、ムラヴィヨフ・アムールスキー通り
f:id:aimi35:20160505182636j:image
※但しこれは媒体によって表記差が割とあるようです。
Googleマップにはムラヴィエヴァ=アムルスコヴォ通りとあります。

この通りは本当にたくさんのひとが歩いていました。
一本隣の大通りもそれぞれ魅力があるなと思ったんですが、ショッピングやヨーロッパ的な建物を楽しみたいならこちらの通りです!

・坂を歩かないことにはどこにも行けない
f:id:aimi35:20160505182544j:image
中央駅→メインストリートはもちろん、一本隣の通りに行くにも坂が険しいです
常に筋肉痛で歩いてました。笑

・少し道を外れると古くて今にも倒れそうな建物がたくさんある
f:id:aimi35:20160505182435j:image
これが不思議でした…
貸し看板のようなものがあるけど、建物は傾いているし、窓は割れてるし…
余計に寂しい印象を受けました。
と、同時にとても興味深かったです。

・でも、街の少し南寄りに遊園地のようなものがある!
f:id:aimi35:20160505182806j:image
ここが意外と広い上に人がいたんですよね…!
時間の都合で散策はできませんでしたが、気になります。

あと、全体的に街が広かったですね。
徒歩では正直しんどかったです。笑

あ、ちなみにもちろん交通機関はたくさんあるのでご心配なく(^O^)
バスにトローリバス、トラムなんかがあります。
そして一律20ルーブルという破格の値段で乗れるみたいです

私はゆっくり街を見たいので、空港→中央駅以外は歩いて回っていました。

では、次!


何より海が近い。坂と海があるので、日本でいう神戸みたい
f:id:aimi35:20160505183542j:image
写真じゃなかなか伝わりづらいのが残念なんですが、海に囲まれている街なので、坂を下りるとき、
え、そこに!?
っていうところに海が見えるんですよね。

ホテルに荷物を預けて初めて坂を下ろうとしたとき、思わぬところに船が浮かんでいて感動しました。(こちら↓)
f:id:aimi35:20160505183558j:image

このホテル、マップで見るとこんなところにあるんです
(サンライズアパートホテル)
f:id:aimi35:20160507000715p:image
私の感動、伝わりましたでしょうか…?

ハバロフスクよりも建物の色が多く、ヨーロッパの雰囲気を味わえる
f:id:aimi35:20160505184000j:image
これは思い込みも多少含まれているかもしれませんが…
というのも、私がいたタイミングで天気が良かったのは、断然ウラジオストクだったんですよね。
でも、やっぱり、街を歩いていたり街並みを見たりして気分が明るくなったのはウラジオストクでした。
比較対象がハバロフスクしかないので、それも何ともですが…(´-`).。oO

・徒歩でも十分回れる
これはもう本当に、楽でした。笑
もちろん街から外れたところに行きたいところもあったはあったんですが
(特にルースキー島なんかはその代表例)
街並みを楽しむなら徒歩で全然大丈夫でした!

以上を踏まえて、私がまた行きたいのは…


個人的に海がある街がすごく好きなのと、華やかな印象を受けた街、ということでやっぱりウラジオストクでした。

でも、どちらの街も人はいいし、ホテルの方なんてどちらもとてもお世話になったし。
ということで、あくまで私の感想です(^^)
キリル文字はまったくわからないし、どちらもとても興味深い街でした。