読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳、営業女子の夢と日常

年間2回海外旅行に行くことをモチベーションに日々働く25歳会社員の日常と旅の日記

《台湾の旅②》トランスアジア航空で往復、ホテルは台北駅前のニューステイインに宿泊しました!

私が台湾に旅行するのは今回が2回目。

1回目は学生だった2年半前、お金もなかったのと関西に住んでいたのでジェットスターで往復しました。
 
が、今回は発着地も違うので、ロシアの往復と同じくじゃらん海外で検索して最も安価だったトランスアジア航空で予約。
 
GWシーズンに3万ちょっとで往復できるのは嬉しいですね(^^)
 
出張があったので、翌日に有給をいただき、そのまま成田→台北(桃園国際空港)と移動しました。
 
が、その途中ちょっとしたサプライズがありまして…
 
空港に到着してチェックインに並び、前にいた台北出身の方に龍山寺のお参り方法を教えていただいていると…
 
(´-`).。oO(あれ、なんか見たことのある顔…
 
あっ、○○くんや!!!(°_°)
 
なんと、高校のクラスメイトがすぐ後ろに並んでいました(°_°)!!
驚きすぎて一通り騒いだあと、一緒に写真を撮ってもらいました。笑
しかも、帰りの飛行機も同じとのこと(°_°)
世間せまいな…(°_°)
f:id:aimi35:20160508002903j:image
 
あー、驚いた。
 
その後、チェックインに少し時間がかかったものの無事出国審査も終え出発。
の前に、今回念願の自動化ゲートの登録もできました(^O^)!
 
一長一短はありますが、やっぱり出入国時に列に並ばなくていいのは便利ですよね。
登録は5分もかからないので、海外に行かれることの多い方はぜひご登録を!
 
必要な情報をシートにその場で記入し、指紋の登録をしてもらうだけで終了です◎
登録をしていても、必要なときには出入国のスタンプを押してもらえるのでご心配なく(^^)
 
飛行機には20分ほど遅れてやっと搭乗。
よく国際線に使われる型の飛行機で、モニターは1人1台完備。
でも飛行時間はたったの4時間、特に気になる映画もなかったので、事前に携帯に落としておいた音楽を聴いて過ごしました(^^)
 
途中出てきた機内食は2つから選ぶ方式。
私たちはチキンを選択、ごはんと共に提供されましたがこれが意外と美味しく満足度が一気に上がりました。
 
どのエアライン・アライアンスにも所属しておらず、ANAJALもマイルは貯められないという点はありますが、サービスは◎
 
そんなこんなで台湾到着。
f:id:aimi35:20160508133627j:image
例のごとく、現地通貨(台湾ドル)はATMで国際キャッシング
入国審査を終え荷物を受け取り扉を出たところすぐにある両替所の横にATMがありました。
 
ちなみに台湾のATMは日本語表示があるので方法は割愛。
 
そして桃園空港から市内はバスで向かうのがスタンダードです◎
 
今回私たちは國光客運(片道125台湾ドル)で向かいました。
1時間くらい乗るのに400円ほど。
安い…(´-`).。oO
 
乗り場は到着ゲートから1階分下に降りたところにあります。
チケットは券売機で買いますが、係の方が代わりに発券してくれました。
※リムジンバスは悠遊カードは使えないようです
 
途中道が混んでいたので、台北駅に着いたのは19時頃。(たしか)
 
宿泊先のニューステイイン地下通路出口Z6すぐのビルの5階という好立地!
 
 
台北での移動はほぼMRT(台湾の地下鉄)で完結するので、地下からの出口前という立地は本当に便利でした。
 
窓がないので湿気がこもることのみ気になりましたが、とても清潔感のある比較的新しいホテル。
ツインで3泊して、1人あたり1.5万円弱。
掃除は毎日してくださり、お水も毎日1本サービス。
エアコン、冷蔵庫、ドライヤー完備。
アメニティも一通りあり。
 
台北は古いビルに突然ホテルやホステスがあることが多いので、お湯が出ない!という事態も珍しくないと記憶していましたが、
今回は一度のみお湯になるまでに時間がかかったなーという程度で問題なし。
もちろん勢いも問題なし。
 
フロントの方は英語ができ、コミュニケーションもOK!
 
全体的に気持ち良く宿泊できたホテルでした(^^)
 
さて、チェックイン後はさっそく士林夜市へ!
ついに台北での楽しい4日間がスタートします(^^)
 
※今回の旅で私たちが利用した、とっても便利な本はコチラ
(専用アプリに無料で電子書籍を保存できます!荷物を減らしたい海外旅行にピッタリ♪)

 

まっぷる 台湾mini (まっぷるマガジン)

まっぷる 台湾mini (まっぷるマガジン)