25歳、営業女子の夢と日常

年間2回海外旅行に行くことをモチベーションに日々働く25歳会社員の日常と旅の日記

《やり切った感ともやもやと》仕事でストレスを感じる時の対処法

昨日は営業締め日。

営業の仕事をしている私としては、やはり様々な指標をクリアして終えなければならない重要な日です。

 

自社製品が嫌いなわけではないし(というかどちらかと言えば好き)、一長一短を見極めながらお客様に案内しているものの、

受注が決まってから本当にこれで良かったのか?と悩むのは、もう営業の宿命なんだろうな…と思ってます

 

それでもね。

家に帰って悶々と思い悩むのはいいものではないよね。

自問自答を繰り返して、とっても辛いときもあります。

 

なので、そんな時の抜け出し方を私なりに考えてみました。

 

①受注した商品に対して自信を持つ

当たり前ですが、営業が自信を持たないと、その後も伴わないと思うので、あとは信じる!というのが大事だと。

でもこれはもちろん毎回行ってきたことですし、そういう意味ではこの方法では毎回もやもやからは抜け出せてないんだなとも自覚します…

 

そこで思いついた方法

 

②相手も勝負師だということを忘れない

最近読んだこちらの本に、お金を貯めるには勝負に出ることも大切だという内容が書かれていました

 

東大卒の女性脳科学者が、金持ち脳のなり方、全部教えます。

東大卒の女性脳科学者が、金持ち脳のなり方、全部教えます。

 

 

 

私は基本的にギャンブルはしないし、持っているお金を増やすのではなく少しでも使わない、という方法で貯める派です

そしてそれに何の疑問も持っていませんでした(みんなそうするものだと思っていました)

 

が、世の中には積極的に勝負に出て成功するひとがいるということに、この本を読んで改めて気付きました

 

確かに、起業してお金持ちになるひとなんて、それはそれは勝負に出たひとだな〜なんて再確認。

当たり前でも言われないと気づかないことってありますよね(´-`).。oO

 

…ということは一旦置いておいて、何が言いたいかというと、

私のクライアントはそれこそ社長や個人事業主であることが多いのですが、そりゃ勝負に出る確率は一般人と比べて高いよね、ということ。

 

今まで自分の枠の中で考えて、本当にこれで良かったのかと自己嫌悪にまで陥ってしまうことも多々ありましたが、

その商品を受注した背景には、クライアントの方からの期待はもちろん、その方のやり方(=勝負に出ること)も潜んでいたんだなーと。

 

そう考えると少し気持ちが楽になるし、その勝負が成功するよう、全力を尽くさなければと、(私の場合は)ポジティブになれました(`_´)ゞ

 

…今日もがんばろ。