25歳、営業女子の夢と日常

年間2回海外旅行に行くことをモチベーションに日々働く25歳会社員の日常と旅の日記

上手くいかないときこそ自分の中に潜って出られなくなる

今日は心の底から嫌なことがあった。

 

具体的には、理不尽な怒りをぶつけられた(と、私は捉えている)

 

世の中には、何歳になっても怒ると叱るの違いを理解できないひとがいて

何歳になっても自己都合と組織都合を区別できないひとがいて

何歳になってもルールの背景を理解できないひとがいて

何歳になっても負を生み出しているのは他者ではなく自分だとわからないひとがいて

そんなことを今日改めて実感した

 

ほんと、くだらない。

そんなことでひとを不快にさせないでほしい。

そして、そんなひとこそ、ひとにより不快感を与える怒り方を、知っている。

 

あほくさ。

目が血走るほどのそのエネルギー、仕事に向けてくれませんか。

 

ほんとに、そういうひととは分かり合えない。

 

私が全能だなんてこれっぽっちも思わないけど

少なくともオフィスの中心で周りも気にせず喧嘩腰で喋ってくるあなたよりは社会人としてのスキルはあるし

 

揚げ足取りやひとのアラを探す会話しかできないあなたよりは意味のある会話ができる

 

あほくさ。

 

なんで仕事に感情と自己都合を持ち込むんだろう?

と、ゆとり世代の私はあなたを見ながら思ってますよ。

 

自分と自分のお気に入りの子の都合は優先して、そのエリアを攻撃してくる(ように見える)ひとのことは徹底的に排除もしくは矯正しようとする

攻撃的な言葉と態度によって。

 

あなたはなんのためにこの職場にいるの?

と言いたくなるけど、そんなこと言ったって無駄。

だって、あなたには、自分のテリトリーを守ることしか頭にないし。

 

あほくさ。

 

あなたがご機嫌だったら、世の中はご機嫌になる

という趣旨の記事を読んだことがある

まさにそうだと思う

 

ひとりひとりがご機嫌に仕事をして、他人になるべく負を与えない働き方を心がけたら

そこにはマイナスの要素が存在しないのだから、誰も苦しまない。

 

今悲しそうにしている誰かを守るために攻撃的な言葉と態度を誰かに向けるのではなく

まずは自分の行動を振り返り、自分も他人もご機嫌でいられるように仕事をすること

 

これが、みんながご機嫌に仕事をする唯一の秘訣だと私は思ってきたし、記事を見つけた時には大いに賛同した

 

が、これがわからないひとはいつまでもわからない。

ずっと、自分のテリトリー内にいるひとを守るために、誰かに攻撃的な態度を取り続ける

 

その矛先になった時はもうたまったもんじゃない。

組織のことを思って行動しているのに、突然個人都合のNOを持った言葉に刺される

 

ほんと、あほくさ。

自分のプライドとテリトリーを守りたいだけのオナニー的な会話にひとを巻き込むな。

 

こっちだって人間だし、ひとの怒りに対峙したら、こちらも自分の怒りとして受け止めてしまって心に入れてしまう。

こちらも自然と同じだけの怒りを抱かざるを得なくなり、感情が乱れる。

 

あなたが自分の都合で怒りに対して使ったエネルギーは、今からこれだけ使うと予想できているからなんの問題もないでしょうが

受け取る側の私は唐突にエネルギーを消費しなければならなくなり、無駄なダメージを受ける

 

あなたはエネルギーを使い果たしたところですっきりするでしょうが

ダメージを受けた私はしばらく回復なんてできない。

謝罪の言葉なんかで埋まるものでもない。

 

だから私は、 攻撃を好むひとは大嫌いだし関わりたくないし関わりを避けてきた。

 

が、社会人はやっぱりそうもいかない。

 

家に帰っても今日の出来事がぐるぐるぐるぐる

自分の中に潜って潜って深くまで潜って

たくさんの悲しみと少しの怒りとは裏腹に、結局は自分を責め心を傷つける思考から抜け出せない

 

みんな、どうやってこの問題を乗り越えてきたのかな。

さて、私はどうやって乗り越えようか。